洋書って英文が100パーセント読めないとまったく読めないものだと思っていて、ずいぶんと長く、掴むのを避けていたのですが、
近頃、アマゾンで発売されているKindleを購入し、疑問の国のアリスやオズのウィザードなどの洋書が無料で保存やれるものだといったわかり、
やっとチャレンジしてみました。キャンパス受験レベルの英文しか学んでいませんでしたが、わからない言い方もKindleの辞書行動ですぐに調べることができたり、
見慣れないような苦しい言い方の別のきめ細かい英単語として教えてくれる行動があり、出来上がりえてどうにか洋書をはじめ冊掴むことに成功しました。
和書であればページをまくるたびに、つい後半の本編が視線に入ってしまい、小さな戯言バレ心持ちを食らうことになっていたのですが、英文が思い付かということが功をそうしてか、最初の書き物から解読していくようなニュアンスがもて、普段のダブルほどの時間をかけてゆっくりとストーリーを行うことができました。お金借りる おすすめ