CSGOでの各年代の前後半の一区切りとも呼び込める付きになったDreamHack。
今年はDream Hack ZOWIE openって題して開催される。
賞金料金が通常の$100,000ということもあり、些か出演組織が淋しいが、でも注目の組織が多い。
初戦でastlalisといった競争やるENCEもその組織の一つ。
元NiPのalluが近頃仲間入り講じる組織で、仲間入り以上どんどんと勝利あがってきてあり近頃大きなビッグイベントもちょくちょく顔を出すようになってきた。
がんらいAWPerとしては高い評価だったのだが、組織幸に恵まれないというかNiPご時世は組織自体が低迷していたせいか、結果が残せず2016年代は結果をリフレッシュできなかった選手。
一人だけ魅力が飛びぬけているが、でも移籍以上勝利を重ねているのでともかく真骨頂は本物だろう。

序の口遊戯ということもあるが、断然こういう合戦ではdeviceとのAWPのチャレンジを見たい。
組織的にはAstralisが優勢ですが、競争はわずかので何が見つかるかはわからないというのが本音。

私の好みの一つは、祖母が呼び込みまくった切手をヤフオクで売れた品を切手で送り換金したり、パパがお札から小銭に替えた際に出た大量の1円5円を、買物する時にそれで払ったり、これは原資なので素晴らしいのですが、アイテムの場合は消化するのに修行という労力がいります。アイテムの場合だと祖母が買い集めた大量の郷里などを荷や帽子などを作ってハンドメイドサイトなどで売ったり、祖母は手芸機材や着物など使わないのに買うことが大好きで、2つの部屋が祖母の物置となっています。女はご飯を貰うのが大好きで、冷蔵庫の中が森のようになっています。その中から期限切れアイテム、切れそうなものを見つけては、結構勝手もクッキングに使います。身内が大量に家事菜園で作った野菜を無駄にせず冷凍見込めるものは冷凍し、出来ないものは調理してから冷凍するなどしています。とにかく身内中が、使用したり物を繰り返すことが大好きなので、それをどうしても活用できないアイテムかと感じることがずっとなっていて、とうに賢く換金や再実践、使い切ることが出来るといった恐れを得るようになってます。身内の貯めこんですものを消化するのが好みなんて哀しいような微妙な気持ちになりますが、最近は消化することを楽しんでいるのだから私の好みなんだと盛込みました。そうやってあたいが買い込んです物を使っていても批判をいわれないし自由自在使わせてくれているので、有難う!って想う反面、ただしその前に無駄な浪費を心からやめてほしい、、、