深夜に目覚めることが多い私。でも自分の都合じゃなくて子供の夜泣きとか、脱いだ布団をかけてやったりとか、後は猫が夜中にも関わらずご飯の催促で鳴いたりとかです。昨夜も3時ごろだったかな。何かの拍子で起こされました。でもまだ3時過ぎ。もう一回寝ようとしてふと思い出して外を見ました。この週末は大寒波で私たちが住んでいる地域も雪予報が出ていたんです。
カーテンをかけてみると本当に真っ白な銀世界でした。おまけにまだまだ降ってて、幻想的な外の世界。子供が起きる頃には積もってるだろう雪に大満足しながらもう一度布団に入りました。
で、朝。寒かったんでしょうね。いつもよりもかなり遅く起きた子供。雪を教えても外に出たがらず、ようやく重い腰をあげて夫と2人、雪合戦するんだと外に出て行きました。しかし、あまりの寒さに10分で帰宅。夫が言うには雪はほとんど溶けてかろうじて小さな雪だるまを作ったけど、寒すぎて風邪を引きそうだと。確かに雪が降るくらいだから相当寒いんだろうけど10分は短い…。
しかもその後は気温は平年以下の極寒の外だったのに青空が出て、雪もほとんど溶けていました。まあ、この地域じゃこれが限界かなあ。少しでも雪に触れただけでもラッキーって思わないといけないのかな。ミュゼ ひげ 脱毛