最近婚約が決まり、今は式場や婚約・指輪の段取り、少々手っ取り早いけど新居見つけ出しまで初めて大忙しだ。
等級や新居はぼくと旦那の解釈が買えることもあってほぼ順調に相談が進んでいるのですが、うち心配が発生しました。
指輪の模様について旦那と解釈が対立してしまったのです!
指輪は某銘柄のものを頂くため決定したのですが、旦那曰く指輪もその銘柄で購入するのが良いのではとの趣旨。
でもそちらの銘柄、指輪は独特な模様のものが多いのに、指輪は余程明確かつ平凡な品物ばかり。
日々羽織る品物なのでシンプルな方が良いとは思うけど、どこにでも売ってそうな模様ならわざわざ高いその銘柄で買わなくても可愛いというのが私の解釈。
これを旦那に伝えたんですが、「指輪に金をかけておいて己も塗りつける指輪はケチるのか!?」って怒らせてしまいました。
そういった腹積もりじゃなかったのにショックでした。
旦那は「リングに執念ないから好きなの選んで素晴らしい」って言ってくれてたけど、本当は我慢させちゃってたのかなと反省したり。
指輪も依然買ってはいないので再分析をしつつ、旦那と二度と一心に話し合おうと思います。
でも買う気満々になってたあの指輪を切り捨てることになるかもと思うとメランコリーだ。はぁー・・・